読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

優しい雨を聞きました。

 

 

ジャニーズの中には自分のソロ曲だけでなくグループの曲を作詞作曲してプロデュースする人も多い。もちろん恋愛曲も。

 

ちなみに私が一番衝撃を受けたのは錦戸亮のstereo。

こんなリアルすぎる歌詞を自担が書いた日には心がしぬ。

 

ご存知の通り、北山宏光もまた作詞作曲をする側の人間なのだ。

名はHusiQ.K。本人談によると自分の名前のイニシャルとmusicを合わせたらしい。

 

今回のニューアルバム『MUSIC COLOSSEUM (通常版)』にも北山くんが作詞作曲を手がけた自身のソロ曲が収録されている。

 

 

f:id:umeboshi832:20170504204828j:plain

 

 

優しい雨」について雑誌のインタビューで本人はこう語っている。

先に曲から作りました。曲につけてもらったアレンジが想像以上に切ないものだったので、自然と歌詞も切ないものになりましたね

 

こんな壮大で切ないリズムに仕上がったら歌詞もそりゃこんだけ切なくなるわww そりゃそうだww 

 

曲を聴いて、頭の中でMVを作るように物語を組み立てていって、そこから言葉を選んでいきました。

 

曲を聴き、頭の中でMVを作るように物語を組み立てた北山くん。

そんな北山くんが物語に沿って選んだ "その状況にふさわしい言葉(感情?)" は、実に深みや説得力があり、これまた最高に胸をえぐる。

過去に、甘いだけじゃなくて苦しくて切なくてどうしようもない失恋も経験した人じゃないと、こんな失恋後の心境を的確に捉えた歌詞なんて書けないよね。

 

 

こうした状況や気持ちを、言葉で表現できるほどの経験や表現力を持つ宏光さんもほんともう。すぴ (好き)

 

まずこれから、この歌詞に感情移入・感想・深読みするにあたり、私はこの歌詞の目線を、作詞者の北山宏光でなく、北山宏光がつくりあげた物語に登場する「見ず知らずの主人公のもの」とする。

(理由は、曲を世間に公開するにあたって感情をよりドラマチックに表現しているかもしれないし、実体験だけでなく理想や想像力も含めて 北山宏光色 が出ている要素もあると思ったから、歌詞すべてを実体験として受け取るより、私は、北山君の物語として受け取りたいと思った)

 

 

みんなも「主人公」を自由に当てはめていいよ〜〜(北山君でもいいよ爆)

 

 

歌い出しの歌詞は、「ビルの隙間風と傘をさす早足の人達」「君がくれたこの靴はあの日よりも汚れている」など失恋している主人公を取り囲む風景の様子や、主人公の様子が表現されているあたり、小説みたいだなと魅力を感じた。

というのも、本人が言っていたように、その情景が浮かびやすい歌詞だなぁと。

 

北山君の掠れながらも伸びのある声がすごくいいね…

 

その後、「なんで君を思い出すと 何故だろう 景色が滲んでいく」ことをきっかけに、"主人公の気持ち" が曲の盛り上がりと共に爆発したサビがぶっこまれます。

 

さよなら言わないで 何度でも今なら君が好きって 好きだよっていうから

仕草が似てたりあくびがうつったり、それだけで幸せだったじゃん

なぜ僕たちは出会ったの?なんで僕たちは過去なの?

 

ストレートな歌詞が特徴的な恋愛曲はありふれた歌詞になりがちだけど、サビ前の歌詞が、風景や主人公のようすを客観的・冷静に表現している歌詞であったからこそ、サビのドストレートすぎる "主人公の気持ち" がスッと心に入って、響く。

 

正直、このサビを初めてエイベの公式サイトで試聴した時『なんとまぁ聞いているこちらが恥ずかしくなるほどストレートで王道な女々しい歌詞なんだろう。』と思ったけど、これはフルで聞くことによって、より魅力が増す歌詞だね…力強い「好きだよって」の掠れた声も、切なくてかっこいいんじゃ。

 

 

1番のサビが終え「どこで何をしているの?違う人といるのかな…

 

 

はああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああつらい。かなしい。しんどいそんなこと言わないで、きたやまくん…その気持ち、そっくりそのまま北山くんにも返すよ。泣 だからキスログ更新されたら飛んで喜ぶよ。泣(主人公に置き換える事を忘れた感想)

 

 

君と僕の物語はきっとハッピーエンドだから  他になにもいらないよ  僕の隣にいてくれないか

歌詞だけを見た時に、個人的に  いいね!  と思った歌詞。このセリフを普段の会話でサラッと言われると、クサイともくすぐったいとも思うだろうけど、小説や歌詞でこういう英語の翻訳みたいなストレートなセリフを表現している人に出会うと、この人めちゃくちゃロマンチックだなあと思うんだよなあ。

 

今回の「君と僕の物語はきっとハッピーエンドだから」もそうだけど、過去ソロ曲FORMの「君には僕しかいないって形で証明してみせよう」も含め、北山くんの描く主人公は、自分に自信があるような、自分中心というか、そんな強さや強引さも感じるから好き。

 

なぜすれ違ってしまうの?なんで君は頷かないの?」で、主人公がお相手に何を聞いたのかは分からないけど、相手が頷い(肯定?)てくれたらこの状況がなんとかおさまるような質問だったんだろうな、と想像して涙が滝。

 

この状況で、そういった質問を投げかけて、気持ちの最終確認をする主人公がつらすぎて。泣

 

相手が頷かない事によって「僕の腕がするりほどける」→自分を置いて行こうとする相手を引き止めていたけど、どうする事も出来なくて諦めたのかな(号泣)(勝手に想像して勝手に感情移入しすぎ)

 

1番のサビでは「さよなら言わないで 度でも今なら 君が好きって好きだよって言うから」と、とにかく 何度でも好きだよという気持ちを伝えたい主人公だけど、

2番のサビで「どこへも行かないで 今すぐ抱きしめて 君が好きって 好きだよって言うから」と、今すぐ抱きしめて に変わり、行動で情熱の色をみせるあたり、本当に北山宏光

 

また、1番と2番の歌詞を比較しても、

 

さよならを言う相手には、何度でも好きだよと言う。

どこかへ行こうとする相手には、今すぐ抱きしめる。

 

言葉には言葉、行動には行動で、つなぎ止めようとする姿に涙。

 

 

さらに3番のサビでは「言うから」だったのが「言わせて」と自分の希望に変化しているあたり、痺れた。

『するから』だったものが『させてほしい』に変わる、これぞ すがる思いで 関係を取り戻したいと願う主人公そのものだと思う。必死な主人公の心が痛い。刺さる。そしてメロディーも"言わせて"を主張するように壮大になるあたり…(いいね!)

 

FORMでは「言葉はちっぽけだから塞いで何も言わなくていい」と北山くんが描く主人公は言っているけど、今回は、お互い通じ合っていると思い込んで "塞いで何も言わなかった言葉" が原因となっているようにも思う。

 

これは、作品の時系列順 (FORMに出てくる相手と優しい雨に出てくる相手が同一人物)という妄想をしているわけではなく、作詞者 北山宏光の『恋愛においての強みでもあり弱みでもある所は、そういう要素なのかな?』という妄想である。(余談だが、私は北山くんのことを日頃の愛の言葉をあまり伝えない恥ずかしがり屋&釣った魚にはエサをやらないタイプだとわりと勝手に想像している節があるので、この2つの歌詞と、私が勝手に想像している宏光像とがスッと繋がって複雑ww)

 

どこへも行かないで」の他に「ずるいよ  置いていかないで」などもそうだけど、とにかく優しい雨では、主人公の  "情けないほど女々しい姿を晒してでも、すがる思いでこの状況をどうにかしたい" という気持ちが伝わってくる。最高にせつないよね。このストレートな歌詞も主人公の気持ち としてスッと心に入って来るあたり。

 

また、失恋する場面で「ずるいよ」っていう言葉を出してくる所がすごい好き。

負けず嫌いのような、平等を求めるような、自分だけが依存してる悔しさ、そんなものを感じるんですけど、結局はそういう、ずるいよ、っていう悔しさも「置いてかないで」という本音には敵わないのだと思ったら、なおさらしんどい。

 

 

遅すぎるのって君は泣くから 唇の動きを止めた

好きだよと言わせてほしい気持ちを、遅すぎるの と泣くお相手を見て「唇の動きを止めた」主人公。

私の勝手な解釈としては、この唇の動きは、好きだとか好きだよとかなんで?とかどうして? とか相手を繋ぎ止めるために説得し続けていた口の動きが、無意味なものだと知り、諦めたようすなのかなと。

 

これがまた違う意味だとして、関係を一方的に終わらそうとする相手に、キスをしようとしたけど 遅すぎるの と泣くから唇の動きを止めた  だったとしてもどちらにせよ 辛いのだ…………そして興奮……。

 

 

 

私はこの歌詞を聴いた時、主人公にも感情移入したけど、そのお相手の気持ちを想像してもまた泣けた。

お相手は歌詞の中にもあるように「すぐ笑う癖」があることから、明るくて楽しい、気持ちが前向きなキャラクターであるのだろう察した。(私が、北山くんの行動やトークになんでもかんでも笑ってしまうように、きっとこの相手も、主人公の行為にもいちいちすぐ笑うんだろうな。泣  愛おしさゆえ。泣  わかる。泣)

 

加えて、このお相手は「不器用」である。

持ち前の天真爛漫さで明るく振舞ってはいたけど、さよならの決断を出すほど、遅すぎるよと気持ちが自己完結してしまうほど、ひとりで抱え込むものがあったのだろうな。一方、主人公は「なぜ?」が多いことから、別れる前も今も相手の気持ちがあまり理解できていなさそう=お相手は溜まった気持ちを打ち上げることなく不器用ながらひとりで色々抱えていたのかなと。

 

逆にこの立場が逆転、つまり急にさよならを告げる方が北山くんになった事を想像して、また興奮 &「さよなら言わないで」「それだけで幸せだったじゃん」と、遠くなる北山くんへすがりつく自分を想像してつらい×1632メンタル爆死

 

いつか恋愛曲製造マシンの北山くんに、繊細な「女性目線」の曲を歌ってほしいなあ。

「女心は理解できない」とよく言っているけど、こういうラブソングだけじゃなくて都合良く遊ばれる女性の複雑で歪んだ気持ちをきたやまくんに作詞されたりなんかしたらもう身体疼きまくるよ(最高)。

 

 

話は脱線したけど、

『タイトルは最後まで悩みました。頰を濡らしているのは涙なのか、雨なのか、みたいな感じです。』

という話を北山くんがしていたけど、この未練タラタラな歌詞の場合、涙にしろ雨にしろどちらにしても良いイメージはあまりないはずなのになぜ「優しい」なのか…

 

こぼれ落ちる涙が激しすぎるあまり、降り注ぐ雨すら 優しい と感じるのかな?とか。

 逆に、ザーザー降りの雨と比べて、ツーッと静かに流れる涙を「やさしい雨」と例えたのかな?とか。

 

色々考えてみる。

これでのちに北山くんが「タイトルの意味は特にありませーん」とかへらへらしてたらこの推理みんな鼻で笑おうよ。爆

 

とりあえず、これからも北山くんの作詞作曲活動に注目していきたい。(誰)

そしてやっぱり「優しい雨」リピート中……

(皆も聞いて…)

 

MUSIC COLOSSEUM (通常盤)

MUSIC COLOSSEUM (通常盤)