ありふれた日常

北山くんとかが好きなしがないオタクの日常。

ジャニオタの私が二次元にはまった話

 

どうも皆さんこんにちは。お元気ですか。

 

前回のブログ更新後、赤い果実の特典「キスマイゆるスポーツ選手権 ~第一弾~」を見ました。相変わらずキスマイうるせえ〜〜〜〜!(笑)(意味:ライブ後にも関わらず皆で楽しそうに動き回るタフさと仲の良さが素敵)ハンドソープでぬるぬるしている手をパンパンと叩き、糸を引く様子を見せつけてくるメンバーは確信犯ですね。>「赤い果実②」の更新をすっ飛ばす変わりに本題の前に触れるスタイル

 

さて更新内容がとっ散らかった私のツイッターをフォローしてくださっている相互さんはお察しであると思うのですが、初めてアニメ(というかゲーム)にハマりました。ご存知ですか?アイドリッシュセブン

 

idolish7.com

 

idolish7.com

 

もう既に来年2018年1月にアニメ化が決定している人気の音ゲームなんですけども。ま〜〜〜〜〜ハマってしまった。こりゃやらかした。今年こそは落ち着いたオタ活をしつつ目指せリア充!と誓ったものの相変わらずキスマイの熱も冷めんし新たにとんでもない沼にずぶずぶ片足を突っ込んでしまったとかほんまにわらう21歳の女子大生なにしてるんおい聞いてるか


この21年間「ちび○こちゃん」か「あたしんち」そして友達から借りた少女漫画にしか手をつけず、アニメは「ジブ○」「ディ○ニー」を見て育ち、10年間ジャニーズを見てウホウホしてきたけどこんな日が来るとはな。

オタ卒または長く応援するという意味も兼ねて『最後の自担は北山くん!!』とかノートの隅っこに自担の名前を落書きする中2みたいなことを思ってきたけどまさかの新たな推しが登場していおりんとかそーちゃんとかあだ名で可愛がる日が来るとはな。

 

まず、私が好きになったきっかけを軽く話そうと思うんだけど、特殊そして邪道すぎることに初めて知ったきっかけが式じゃないという(爆)

 

何を入力したのかは忘れたけどツイッターで検索していたんですよ。そしたら偶然出て来たのは、絵描きさんの素敵なマンガイラストでして。可愛いなぁ何のイラストを元にして書いたんだろう?から始まりました。

 

そんなこんなで調べに調べて「アイドリッシュセブン」という存在を知り、アニメ見てみようかな→ゲームなの!?ということで、ゲームのアプリ数0(クーポンアプリか画像編集用アプリのみ)である私のスマホに突如現れたアイドリッシュセブン・・・ゲームをクリアするとストーリーが解放されるシステム音ゲームめっちゃ不得意なんだけどね!どうしよ!

 

 

以後、これから書く内容はめちゃくちゃジャニオタな私目線になります。「一緒にすんな!!!」って双方のファンから雑草投げられそうな内容だけど。最終的にはどっちの魅力も伝われば嬉しい。(お花畑)

 

 

アイドリッシュセブン「セブン」と付くだけあって7人グループ。まぁ人数的にはキスマイ。そしてメンバーの中にチビな熱血男とアニオタがいる。実質、北宮(すぐこうやって関連づけようとする悪いオタク)。

 

好きになるうちに調べていると気になる点が・・どうやらキャラクターの原案作者さんが元うた○リの同人誌を書いていたらしくキャラクター、その他カードのポーズ(構図)のパク○疑惑・・・初めてハマったキャラクターがそういう問題を抱えていて早速ショックだったが、産み落とされたメンバーの魅力やストーリーに目覚めてしまった以上どうしようもないよな!!(悶え)

 

ということでそんな魅力を抱えた男の子達を紹介しよう。

 

① ジャニオタな私的メンバー紹介

 

イケてる男子達が集えば、その中でやたらと「自分の好きなタイプ(顔)」を見つけたがるジャニオタのみなさ〜〜〜ん!!出番ですよ〜〜!!

 

f:id:umeboshi832:20171219203351j:plain

 

わ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!

メンバーの名前の中に数字が入っていることに注目していただきたいのと(残念ながらこの記事は数字順の紹介じゃない)、私が勝手に思うキスマイとの共通点も補足してみました。以後DDが発揮しますご注意。

 

まずはセンターの七瀬陸(18)

 

f:id:umeboshi832:20171220001608j:plain

 

ドジっ子なところもあるけれど、素直で努力家、頼まれると断れないお人好し。子どもの頃は病弱で、闘病生活の中で兄が見せてくれたショーの真似事が唯一の楽しみだった。病院での生活が長かったため、世間知らずな一面もある。一織とはよく喧嘩になるが、そういう相手が今までいなかったため喧嘩の中にすこし楽しさも覚えている。(公式サイトより)

 

自己紹介で陸くんのぽわぽわ感が伝わるだろうか かわいい。とはいえしゃべり方が常にぽわぽわしているわけではなくて、お兄ちゃんや一織に話しかける時にルンルンしたような可愛らしい喋り方をする所が私は好きです。最初自己紹介文の「世間知らずの一面」を見た時に、大御所に偉そうな態度取ったり…?とか心配したけど、遊園地へ行く際バケツを持って行こうとしたレベル(ポップコーンを入れるため)だったので全然可愛い問題ない。陸くんの病気や兄の存在はこの物語のキーポイントになりまする〜〜〜。ブラコンである。

 

 

2人目 和泉一織(17)

 

f:id:umeboshi832:20171220001640j:plain

 

三月の弟で、クールな性格。目上に対しては礼儀正しいが、毒舌の持ち主。両親は「fonte chocolate」というケーキ屋さんを営んでおり、内装がとても可愛らしく、その影響で可愛いものが好きになる。何でもそつなくこなせる分、いざ逆境にあたると弱い。(公式サイトより)

 

「パーフェクト高校生」なんですよ!!!勉強も運動も物事の分析も歌もダンスも何でも出来るパーフェクトなんだけど友達がいない。グループでの自分のポジションを分析し、クールキャラを貫き通しているんだけども可愛いものがすごい好き。そしてそのことを秘めている。GAP。キスブサでのキングの印象を壊さないようにクールキャラであり続け、アンコールでギャルみたいな可愛い格好する藤ヶ谷くんみたいじゃないですか???違うか  常に敬語で喋っているんだけど話している内容が毒舌。ただし兄の三月には絶対的信頼を寄せていてブラコンなところ良いよね(またブラコンかい)。先ほど登場した陸くんの彼氏かな…??っていうくらい病弱センターの面倒を見ている。

 

ちなみに一織くんがセンター曲の「Perfection gimmick」はまじで私の担降りソングっていうくらい好き。ジャニオタがハマるタイプの中毒性あるダンスナンバーだと思う。踊っている所みたことないけど、見たいやつ。

 

 

3人目 和泉三月(21)

 

f:id:umeboshi832:20171220001823j:plain

 

一織の兄。元気で明るく可愛い外見と裏腹に、男気に溢れて面倒見がいい、男らしい一面がある。子どもの頃からアイドルを夢見ていたが、身長のせいでなかなか機会に恵まれずにいた。メンバーの中でも特に仕事熱心で、チームのムードメーカー的役割りを果たす。(公式サイトより)

 

北山くん…!?!?

その他にも 公式は身長165cmで、MC担当。あだ名はミツ(北山くん…?)

三月くんプロフィールだけで判断するとまじでアニメ版北山宏光。ストーリーをすすめていくともちろん三月くんには三月くんの良さがあって、今では自担と別類で見ているけど、最初は目が大きくてぱっちり二重な所もかっこよく描かれたきたやまくんかな?っていう脳内お花畑な印象を抱き、私がこのアニメに興味を持ち始めたきっかけ人物なんですよね。シンプルに三月くんの顔が好き。(顔ファンのような発言で潰されそう)ノリがよくてクラスの人気者タイプだから私的リア恋人物だなと思っている。成人組なので飲酒の描写があり興奮する。ファン想いゆえに三月のファンになったら幸せだと思う。

 

 

4人目 二階堂大和(22)

 

f:id:umeboshi832:20171220001840j:plain

 

飄々とした性格を装っているが、内面は熱く、誰よりもメンバー想い。 事務所に所属する前は、芸能界に対して嫌悪感に近い冷めた認識を持っていた。 基本の一人称は『俺』だが、メンバー最年長のためしばしば『お兄さん』とも自称する。 
グループのリーダーを務めている。

 

二階堂という名字、そしてグループカラーは緑。二階堂高嗣か…??とか思うんですけど、大和さんは「グループの最年長」で飲酒もするし面倒なものは苦手だしリーダーっぽくないリーダーなんですよね(伝われ)。三月くんからは「おっさん」と呼ばれていたりね。何より声が良い。この数ヶ月調べてわかったことは、アイナナファンの間では大和さんの支持率が半端ねえっていうことや。妙に冷めているというか少し闇を抱えていそうな一面がワンナイト枠になる理由だとみた。(知らんけど)個人的に大和さんは知れば知るほど良さが分かってくるスルメタイプではないかなと思う。

 

 

5人目 六弥ナギ(19)

 

f:id:umeboshi832:20171220001857j:plain

 

欧米系ハーフ。甘い言葉ですぐ女性を口説く。生まれ持った美貌と、天性のカリスマ性を持ちながら、母親が日本人だったことからこじらせた、アニメ好きという一面も持ち合わせている。幼い頃は容姿や性格のせいで友だちがいなかったため、メンバーのことが大好き。(公式サイトより)

顔めっちゃ綺麗なのに喋り方もキャラもクセが強い(爆)プロフィールの「アニメ好き」という言葉は「アニメオタク」に置き換えたほうがいい。キスマイにも宮っちという最強のオタクがいるけど同じ匂いを感じるレベル。たとえ危機的状況でもアニメのリアタイをしたがる。(その気持ちわかるけども)普段女性を口説いたり優雅なナギくんが、アニメに関することで声を荒げて怒り悲しむボイスを聞いて私は数回爆笑した。嫌いなもの『深夜アニメを邪魔する速報』ってなんやねん。とはいえ、問題を抱えたメンバー達の悩みを聞き、大きな愛で包み込むようにアドバイス(解決へ導いている)シーンが多々あり、メンバー大好き要素が愛おしいキャラクター。

 

 

6人目 四葉環(17)

 

f:id:umeboshi832:20171220001947j:plain

 

天才肌の脱力系キャラ。メンバーも知らないある目的のため芸能界入りした。街角でファンに会ってもファンサービスしなかったり、なかなか約束事や時間を守らなかったりと、マイペースな個人主義者。だが、プリンの為なら何でもする、一途な一面も?(公式サイトより)

 

一部から呼ばれるあだ名は「タマ」(玉森…??)

最初のストーリーを読んでいる頃は環くんのマイペースさと個人主義者感に「はぁ〜〜〜なにこいつ!!(怒)」とイライラした時もあったけど、今では一匹狼っぽいのに最年少ならではのメンバーへの甘えっぷり、年相応な精神年齢っぷり、じわじわ伝わる環の良いヤツ感に、たまき〜〜!!っていう感じ。王様プリンいっぱい買ってあげたい。パーフェクト高校生である一織とは同じ学校のクラスメイトであり、この2人はよく学生服を着て画面に登場してくるので青春をこじらせた私の心に爽やかな風が吹く。未成年ながら「抱かれたい男ランキング5位」に入賞する意味は、環くんのハスキーな歌声と「バーカ!!」ボイスを聞けばお分かりいただけるであろう。

 

後に登場する壮五くんとは、デュオユニット「MEZZO"(メッゾ)」としても活動しているんだけど(良い曲だよ)ふと、NEWSと関ジャニ∞を掛け持ちしていた錦戸くんのことを思いだし、大変やなあ・・としみじみしてしまう。

 

 

7人目 逢坂壮五(20)

 

f:id:umeboshi832:20171220002006j:plain

 

真面目で優しい好青年。責任感が強く、頭も良く、何事も優秀にこなすが、自分の個性を見いだせず、悩み、1人で抱え込んでしまうことがある。 
普段は温厚な性格な反面、タガが外れると手に負えられなくなることも…

 

はあ〜〜〜〜〜〜そうちゃ可愛い〜〜。壮五くんかわいい。実は大企業の御曹司(無敵)。音楽に興味を持った壮五くんだけど、周囲から音楽を認めないと反発されて家出し、アイドルになったという設定。家庭がこんなだから礼儀正しいし、しっかりしているんだけど、常に一人で抱え込んでしまうか弱さだったり四葉環くんに対する「たまきくん」呼びが非常に可愛くて守りたい。

メッゾが喧嘩中、環くんが部屋に引きこもり鍵をあけてくれなかったんだけど、部屋のドアの鍵をスクリュードライバーで壊して部屋に入ってくるシーンもあり「ガタが外れると手に負えなくなることも」なんてオブラートに包んでいるけどヤンデレ味強すぎか(爆)あと、成人組なので飲酒のシーンはもちろんなんだけど、酔うと大変なことになる。

 

 

というわけで7人を紹介してきましたけどもちゃんと伝わってます???(爆)他にも3人組の「トリガー」や2人組の「リバーレ」など愉快なグループが登場してくるので是非みんなインストールして私とフレンドになってほしい。